建築カラープランナー®️

HOME» 建築カラープランナー®️ »建築カラープランナー(R)大手住宅関連企業勤務

建築カラープランナー®️

建築カラープランナー(R)大手住宅関連企業勤務



住宅関連企業
住宅関連企業 企画部門 勤務22年

一級建築士
color+shape®コーディネーター

 

▶︎ カラーシェイプアカデミーに参加する前のお悩みを教えて下さい。

 

特にありませんでしたが、ずっと住宅業界で仕事をしている中で
昔から興味があった色についてきちんと学びたいと思いました。

 

▶︎ カラーシェイプアカデミーを知ったきっかけを教えて下さい。

 

色彩塾で色の基礎やパーソナルカラーについて勉強していたため、開講を知り業務に活かせると考え参加しました。

 

▶︎ カラーシェイプアカデミー申し込んだ理由を教えて下さい。


昔から色に興味があったため。また理論の知識だけではなく、絵の具を使い丁寧に感覚を磨くという
勝馬先生の指導方針も、自分に本当の力をつけるためにとても良いと思ったからです。

 

▶︎ 参加し始めてから感じたことを教えて下さい。


建築材料は低彩度が基本のためファッションの世界とはまた異なり、
色の見極めがとても難しくもあり、だからこそ色を知ることは本当に大切だと実感しました。
 

▶︎ 全過程終了していかがでしたか?


色は感覚の世界だと捉えがちですが、仕事をする上では理論を他者に伝えられるかどうかがとても大切。理論をクリアにすることで、色のことを知らない方も含め、関わる皆が納得し同じ方向を見て仕事を進めやすいと思いました。

 

▶︎ 実務で実際にあったエピソードを教えて下さい。


トライアルの分譲住宅企画を担当しておりましたが、カラーコーディネートの重要性を関係者に説得し、設計事務所とともに内装コーディネートをプラン。

住宅コンセプトに合わせ、明度を落としたクロスを全面に採用するという案は、一緒に仕事を進めたプロにも「新鮮で良い」と、また特に上位グレードの材料でなくても「すごく全体に高級感がある」とお客様に評価いただき、カラーの力を感じました。

 

▶︎ カラーシェイプアカデミーをどんな方にオススメしたいですか?


空間コーディネートのクオリティを上げたい方、またその企画に対し説得力をつけたい方。

 


◼️強み・今後の展望

担当業務が「住」にまつわり多岐にわたる仕事のため、身につけた色の理論と感覚を、空間コーディネートだけではなくブランディング、マーケティングなども含めた統一した世界観を創り上げるための自分の強みとしていきたい。

 


 

 

2018/08/30

建築カラープランナー®️

HOME

最新情報

color+shape®︎academyについて

講座カリキュラム

インテリアカラーコーディネート他業務のご依頼について

講座風景

受講生募集のお知らせ

業務実績

メディア掲載のお知らせ

お問合せ

管理画面